✨ランキングに参加しています!できたらポチお願いします!✨
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

行事 行動・しぐさ 表情

怒るのをやめられなくて辛かった立束があるツイートをきっかけに短気を解消できた話

投稿日:

私はめちゃくちゃ短気で怒りっぽいのですが、最近更に怒りっぽくなっているなあ、と反省していました。
反省している割には短気は治らないし、ますます加速している気がするし、すごく罪悪感があったんですよね。

罪悪感があっても罪悪感を繰り返すと、罪悪感にも慣れてきます。

そして段々、自分のことが好きじゃない感情も積み重なってくるのに、それを見なかったことにしちゃうんですよね。

あ~、これいかんな~って。
考えていた矢先、ツイッターである文化と出会いました。

それがタイトルにもある通りのスウェーデン文化です。

出会ってまだ3日くらいしかたっていない文化ですが、いつもよりもだいぶ落ち着いた私がいるので、短気で悩んでいる人に届けばいいなあと思い記事にしてみます。

スポンサーリンク

スェーデンでは親切にできない人は子供だと認識される

ツイッターにて、あるツイートと出会いました。

そのツイートには、機嫌が悪かろうが自分の問題で、他人は関係ないのだから他の人には親切にしろ。
さもなくば子供だとみなされるだろうということが書かれていました。

 

 

私はこのツイートに、雷のような衝撃とか、びっくりする感情とかはまるっきりなかったのですが、過去に私もそう思っていたことをこのツイートで思い出したのです。

私の母はヒステリックな面があり、機嫌が悪くなったり自分に不都合な行動を私がするとめちゃくちゃに怒鳴り散らしたり、不機嫌モード(だんまり・イライラ)で何かにつけ文句を言うような母です。

子ども心に理不尽さがとても悲しかったことを覚えています。

そんな私も大人になり、子供の頃にあんなに悲しかったことを今では良しとしていることにこのツイートで気が付いたのですよね。

自分の機嫌が悪いのは、誰のせいでもない

自分の機嫌が悪いのは正直、誰のせいでもありません。

誰かに何かをされたからと言って、それを受け止める側の受け止め方で何かをされたとしても怒るまでのことだった、ということもあるのです。

大人になってからは尚更、いじめとかそういうんじゃない限りは自分の容量不足で怒っているだけであることも多いですよね。

ただただ自分が気に食わないからとか、それだけで怒るのって自分も疲れるのにやめられないの、不思議ですね。

段々怒るだけの自分にも慣れちゃって。
たまにはっとするのにまた繰り返すのは、もう悪い癖としか言えません。

自分の都合だけで怒ったり当たり散らすのは子供だと知ることで気持ちが落ち着いた

自分の都合だけで怒ったり当たり散らすのって確かに、子供なんですよね。
子どもは自分の不都合があると泣きますし、怒ります。

別に成人してから自分の不都合があって泣いたり怒っても良いと思うんです。

悪くはありません。
誰もそんなこと、制限しません。

しないけど、ただその行為は子供だと見られるってそれだけなのです。

そして私は子供だったし、大人な行為ではなかったことをツイートで客観視できたので、どうしてかわからないんですけどめちゃくちゃ気持ちが落ち着いたんですよ。

気持ちが落ち着いたのは、怒らなくても良いことを理解したからだと思う

私にとって怒るって一種のパフォーマンスでもあったと思います。

私は常々、怒り顔はブスになるという考えで過ごしているのですが、それでも怒っちゃうのってやっぱパフォーマンスもあったのかなって思うんですよ。

母のヒステリックな姿、母はよく

「私はこんなに頑張っているのに!なんでちゃんとしないの!」

こういう風に怒っていましたので、怒っている=頑張っているからだとも刷り込まれていたのですよね。

だからこそ、パフォーマンス的に私は怒っていました。

でも、怒らなくても良いことをこのツイートで知って、いくらかほっとしたんです。
気持ちが軽くなりましたし、私がこれからどういう態度で世の中を歩けばいいかもわかりました。

スポンサーリンク

怒っても損なだけ!怒るべき時だけ怒れる自分になりたい(まとめ)

怒ってもぶっちゃけ女性的にはだいぶマイナスですよね。
他人にどう思われるとか抜きにして、怒ってばかりいると皺が!怒っているところに皺が!刻まれるんですよ!!!!

アラサーになるとここらへん、皺問題も考えるようになります。
(20代前半からほうれい線については悩んでいましたが・・・><)

怒ると眉毛に力が入り、眉間に皺が刻まれることも。

口角も下がるので、老けて見えるというか疲れて見えるようになるんですよね。

正直、私はもっときれいになりたいですし、他人が私のことをどう思ったとしても私は自分の顔を鏡で見て「今日も良い感じに可愛い!」と思いたいんですよ。

なので怒りってのは、私にとってとてもマイナス。
だからこそ、最近は怒ることをやめられなくて悩んでもいたんです。

だから、このツイートに出会えてとても良かったし、これから先もたまに見返して自分を改めたいと思います。

私のように怒ることをやめられない自分に疲れてしまった人にどうか届くと良いなとも思っていますよ。

今回はだいぶまとまりないですけど……これで終わります!ではまたヾ(゚ω゚)ノ゛

 

立束ハナ
↓立束が母のことで悩んでいた時に心が軽くなった本「母という病」、生きるのがしんどい人は一度この本も読んでみると生きるための解決策が見つかるかも↓(ちなみに友達に貸したところ返ってこなくて泣いてます><)
(017)母という病 (ポプラ新書)
岡田 尊司 ポプラ社 2014-01-07
売り上げランキング : 18597

by ヨメレバ

 

 

✨ランキングに参加しています!できたらポチお願いします!✨
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1

うちの親はまあまあ毒親です。毒親で周りからの評価は高いので始末に負えません。 どう毒か、簡単に言うと 支配型 「あなたはダメ」という意識を植え付ける ヒステリック 気分でキレる 自分のした事は忘れる( ...

2

こんにちは。 アラサーになってから、というか28歳くらいから胸が急激に垂れてきた立束です。 あまり気にしてはいなかったのですが、たまに鏡を見るときなど、やっぱりちょっとどうにかしたいな、と思ったり…… ...

3

どうも寒い日々が続きますね。立束ハナの足元では湯たんぽが大活躍しています。 足用クッションと湯たんぽのコラボが最強すぎる件について さて、今日もスクワットの話をします! スクワットと言うか、スクワット ...

-行事, 行動・しぐさ, 表情

Copyright© 女子活のゴリラ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.